• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2021年1月5日

2度目の宅建試験、3万5,000人超が受験

 (一財)不動産適正取引推進機構は、2020年12月27日に全国で実施した「令和2年度宅地建物取引士資格試験(12月実施分)」の受験状況(速報)を発表した。

 今年度は、新型コロナウイルス感染症対策のため、試験日を10月と12月の2回に分けて11都府県(岩手、埼玉、千葉、東京、神奈川、石川、岐阜、京都、大阪、奈良、福岡)で実施。

 12月実施分の申込者数は5万5,121人(10月実施分との合計25万9,284人)、当日の受験者数は3万5,250人(同20万4,239人)となった。受験率は64.0%(同78.8%)で、今年度は前年度(80.0%)と比べて1.2%減少した。

 合格発表は2月17日。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら