• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2019年9月24日

首都圏の既存マンション価格、引き続き上昇

 (株)東京カンテイは24日、2019年8月の三大都市圏中古(既存)マンション70平方メートル換算価格の月別推移を発表した。

 首都圏の既存マンション価格は3,704万円(前月比0.5%上昇)と、小幅ながら引き続き上昇。都県別では、東京都は5,027万円(同0.5%上昇)と最高値を更新。前月に築古事例が増えて下落していた神奈川県2,846万円(同0.3%上昇)や埼玉県2,270万円(同0.2%上昇)は、やや持ち直す動きとなったが、前年同月の水準を下回る状況が続いている。千葉県は2,060万円(同変化なし)と横ばい。

 近畿圏は2,367万円(同0.5%上昇)と、4ヵ月連続の上昇。大阪府は2,558万円(同0.2%上昇)と、わずかな上昇にとどまった。兵庫県は2,084万円(同0.4%下落)と小幅に水準を下げているが、依然として2,000万円超の高水準を維持している。

 中部圏は1,948万円(同0.5%上昇)と続伸。愛知県は2,101万円(同0.3%上昇)と、4ヵ月ぶりの上昇に転じた。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら