• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2019年3月11日

東京都心、オフィス床単価が上昇傾向

 大和不動産鑑定(株)は7日、2018年第4四半期(10~12月)の東京都心部のオフィス床単価を査定した「オフィスプライス・インデックス」を公表した。

 三幸エステート(株)、(株)ニッセイ基礎研究所が共同開発したオフィスマーケット指標「オフィスレント・インデックス」の東京都心部A・B・Cクラスビルの賃料、大和不動産鑑定査定の総費用を用い、収益還元法に基づき作成した。

 東京都心部Aクラスビルの1坪当たり床単価は966万円(前期比1.5%上昇、前年同期比15.0%上昇)。東京都心部Bクラスビルは436万円(同0.2%上昇、同9.3%上昇)。東京都心部Cクラスビルは328万円(同15.5%上昇、同22.4%上昇)となった。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら