• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2017年7月10日

投資用区分マンション価格、3ヵ月連続で上昇

 (株)ファーストロジックは7日、2017年6月期の「投資用市場動向データ」を公表した。同社が運営する不動産投資サイト「楽待」(http://www.rakumachi.jp)に6月中に新規掲載された物件、問い合わせのあった物件を調査したもの。

 投資用1棟アパートの表面利回りは、新規掲載物件が9.37%(前月比0.28ポイント上昇)、問い合わせ物件が11.03%(同0.34ポイント上昇)となった。物件価格は新規掲載物件が6,742万円(同109万円下落)、問い合わせ物件が6,016万円(同224万円下落)となった。

 投資用1棟マンションの表面利回りは、新規掲載物件が7.81%(同0.01ポイント下落)、問い合わせ物件は8.66%(同0.37ポイント下落)。物件価格は新規掲載物件が2億1,141万円(同489万円下落)、問い合わせ物件が1億9,566万円(同488万円上昇)。

 投資用区分マンションの表面利回りは、新規掲載物件が7.82%(同0.09ポイント上昇)、問い合わせ物件が10.56%(同0.58ポイント上昇)。物件価格は新規掲載物件が1,543万円(同7万円上昇)で3ヵ月連続で上昇。一方、問い合わせ物件は1,115万円(同96万円下落)となった。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら