• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2017年1月10日

首都圏の中古戸建て、価格下落傾向に歯止め/東京カンテイ調査

 (株)東京カンテイは10日、2016年12月の主要都市圏・主要都市別の中古木造戸建て平均価格動向を発表した。調査対象は敷地面積100~300平方メートル、最寄りの駅からの所要時間が徒歩30分以内もしくはバス20分以内、木造、土地・建物ともに所有権の物件。

 首都圏の平均価格は2,988万円(前月比2.5%上昇)と3ヵ月ぶりに上昇。地域別では、東京都が6,034万円(同4.8%上昇)、神奈川県が3,100万円(同6.4%上昇)、千葉県は1,914万円(同0.6%下落)、埼玉県は2,171万円(同0.6%上昇)となり、前月までの弱含み傾向から変化が見られた。

 近畿圏の平均価格は2,356万円(同3.1%上昇)。近畿主要3府県では、大阪府が2,615万円(同3.2%上昇)、兵庫県は2,070万円(同3.2%下落)、京都府は3,798万円(同23.1%上昇)となった。

 中部圏の平均価格は2,032万円(同0.1%上昇)と小幅な動きだったものの、愛知県では2,489万円(同2.8%下落)と下振れした。

 福岡県は1,648万円(同1.5%下落)となった。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら