• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2015年8月10日

築35年の空室ビルをリニューアル。高賃料でも入居好調/サンフロンティア不動産

サンフロンティア不動産(株)は6日、オフィスビルリノベーションの新ブランド「プレミアムセットアップオフィス(PSO)」で再生したオフィスビルの内覧会を実施した。PSOは、立地特性や市場動向から、入居テナントのニーズを想定してリニューアルを施し、テナント付けなどを経て投資家に売却するビジネスモデル。

 物件は「(仮称)銀座一丁目プロジェクト」(東京都中央区)。東京メトロ「銀座一丁目」駅より徒歩3分に立地する鉄骨造地上9階地下1階建てのオフィスビル。地下1~地上2階は店舗で、3階以上が事務所となる。各フロアとも面積は約20坪。1980年築と古く、従前はオーナーの資金力不足からリニューアルや適切な修繕ができず、地下の店舗を除いて空室となっていた。

 同エリアでは、面積20坪程度の小規模オフィスの需要が強いことから、同社が前オーナーから同ビルを取得。約1億8,000万円をかけてリニューアル工事を施した。工事内容はエントランス改修、一部耐震補強、貸室内の男女別トイレ化、排水管の移設、屋上緑化など。リニューアル工事は9月前後に完了する予定。

 7月より募集をスタートし、すでに1件が成約。さらに複数フロアで成約の見込みが立っている。賃料は周辺相場が坪1万円台前半なのに対して同ビルは2万円前後で提案する。同社では、「従前は1万2,000円程度でも入居者が決まらなかったが、リニューアルによる差別化が奏功している」と分析している。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら