• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2013年11月22日

東京ビル協・10月調査、賃料景況感が改善

東京ビルヂング協会は「ビル経営動向調査」(10月期)をまとめた。会員を対象に四半期ごとに実施しているもので、158社から回答を得た。

 東京23区の賃料水準(坪当たり)は、上限が2万5674円で前回比318円の下落、下限は1万5579円で同186円アップとなった。

 空室率は、23区平均が6.8%(前回比0.2ポイント増)でわずかに上昇した。

 また、ビル経営者に聞いた3カ月前と比較した賃料水準景況感指数・空室景況感指数ともに、23区平均でプラスとなった。賃料水準景況感指数がプラスとなったのは2008年1月以来という。空室景況感指数は、都心5区すべてでプラスだった。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら