• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2012年10月19日

土地取引動向、全国的に好転 国交省調べ

 国土交通省の「土地取引動向調査(2012年8月調査)」によると、土地取引市場は依然として低水準であるものの、全国的に状況は好転している結果となった。




 土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要企業(上場企業1750社、資本金10億円以上の非上場企業1750社)を対象に調査しているもの。今回の調査では、「現在の土地取引状況の判断」についてのDI(「活発である」-「不活発である」)は、すべての地域で上昇した。




 東京は前回調査(12年3月)から4.7ポイント改善し、マイナス37.6。大阪については、前回調査と比べて24.9ポイント改善となるマイナス28.0だった。01年の調査開始以来、初めて大阪のDIが東京のDIを上回った。国交省では、「大阪では地価の底値感が強いようだ」としている

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら