• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2011年10月14日

首都圏マンション供給、7カ月ぶりに2ケタ台の増加率

 不動産経済研究所の調査によると、9月に首都圏で供給された新築分譲マンションは3713戸で、前年を16.7%上回った。2ケタ台の増加率は、今年2月以来7カ月ぶり。同研究所では、「震災の影響でストップしていた供給が、ここにきてようやく復活し始めたようだ」と話している。


 初月契約率は77.7%で、前年を2.8ポイント上回った。前月が20カ月ぶりに好調ラインの70%を下回ったことからその動向が注目されていたが、予想以上の売れ行きとなった。


 1戸当たりの平均販売価格は4265万円(前年比15.1%下落)、1平方メートル当たり単価は62.2万円(同12.3%下落)だった。


What's new 一覧

ニュース一覧はこちら