• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2010年9月17日

「ミッドオアシスタワーズ」705戸竣工、契約済み住戸450戸

三菱地所と藤和不動産が相模原市大山町で開発を進めていた分譲マンション「ミッドオアシスタワーズ」(総戸数705戸)が竣工。今週末から順次入居が始まる。32階建てのタワー棟(337戸)と23階建てのレジテンス棟(368戸)から構成される。契約済み住戸は14日現在450戸。販売価格は3000万円台が最多で、報道陣向けに見学会を開いたディンクス向け65平方メートルで2900万円台、86平方メートル住戸で4098万円となり、最高価格住戸が100平方メートルの5398万円--などとなる。平均坪単価は約153万円。購入者層の属性をみると、自己資金10パーセントを用意した沿線に住む30歳前半が最も多い。

 事業比率は50パーセントずつ。JRと私鉄の計3線が乗り入れる橋本駅南口から徒歩11分の日本金属工業の工場跡地に誕生した。両棟合わせて延べ7万8469平方メートル。敷地内にはイトーヨーカドーをキーテナントに専門店約150店が出店する店舗面積4万5000平方メートルの大型商業施設「アリオ橋本」が今月17日にオープンする。

 705戸という大規模物件ならではのメリットを生かし、共用施設を充実したのが特徴。交流スペースとして共用棟「オアシスガレリア」を二つの棟の中央部分に用意した。1室2000円で宿泊できるゲストルーム2戸(洋室・和室)やパーティールーム(1時間500円)、マルチサウンドルーム(同300円)などのほか、入居者専用のキッズルームと託児スペースを取り入れた。託児室は8時~21時までで専門の事業者に管理組合が委託する形で運営する。定員は30人。1時間当たり1000円、週5日の利用では月に約9万円程度かかる。タワー棟29階にはキッチンを装備した「ビューラウンジ」を用意し、パーティーなどの利用ができる。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら