• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2010年6月2日

買いやすいマンション、更に減少 不動産経済研究所調べ

不動産経済研究所の調査によると、2009年に首都圏で供給された新築マンションのうち、「価格が3500万円未満」「専有面積60平方メートル以上」の2つの条件を満たすものが、全体の19.5%(7092戸)に減少した。

 01年の38.0%をピークに、06年までの「大量供給時代」には30%台のシェアを維持。戸数も2万戸台半ばから3万戸台前半の水準にあった。しかし、近年のマンション用地価格の上昇と建築コストのアップにより、07年には25.4%(1万5525戸)、08年は21.4%(9344戸)に下がっていた。

 比較的買いやすいファミリータイプの物件が減少していることが分かる。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら