• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2010年4月10日

不動産価格、横ばい基調広がり一部に上昇地点も 三井不販

三井不動産販売は4月8日、既存マンション及び住宅地の価格動向を4半期ごとに定点調査する「リハウスプライスリサーチ」をまとめた。

 それによると、2010年1~3月期・首都圏(1都3県・調査216地点)における住宅地価格は、上昇地点が前回の32から20に減少したものの、横ばい地点が同148から161に増加。減少は概ね横ばいで推移した。この結果、4半期変動率(2009年10~12月比)は0.3%下落(前回0.3%下落)で4期連続の横ばいとなった。横浜市・川崎市で1.2%下落した以外は、ほぼ横ばい傾向となった。

 同期の既存マンション価格(調査307地点)は、上昇地点が前回の49から63に増加し、減少地点が37から31に減少。横ばいが221から213とほぼ横ばいで推移。4半期変動率は0.9%上昇(前回0.5%上昇)となった。エリア別では、千葉県3.4%上昇、東京市部2.4%上昇と、がそれぞれの前回の横ばいから上昇に転じた。

 今回調査では、年間変動率が既存マンションにおいて2008年4月調査以来8四半期ぶりに上昇に転じ、住宅地も4期連続で下落幅が縮小した。

 同時発表した関西版(2府3県)によると、住宅地価格(調査164地点)の四半期変動率は0.6%の下落(前回0.8%下落)で、4期連続の横ばい。京都を除く全エリアで横ばいとなった。既存マンション(調査173地点)は0.3%下落(同0.1%下落)にとどまり、5期連続の横ばい。大阪市内エリアはそれぞれ上昇した。

 年間変動率についても、住宅地・既存マンション共に下落幅が縮小すると同時に、下落から上昇に転じる地点も一部のエリアで見られた。

 同社では首都圏・関西の価格動向は、「引き続き横ばい傾向で推移する」と予測している。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら