• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2010年3月31日

東京都23区の大規模オフィスビル、2009年末の空室率は5.9% 森ビル調査

森ビルが3月31日に発表した東京23区の大規模オフィスビル市場動向調査(速報版)によると、2009年末の空室率は5.9%となった。2009 年の新規需要は31万平方メートル。景気後退の影響を受けて、空室率7.1%、新規需要3万平方メートルとした前回調査(2009年7月に確報版公表)時の予測から改善する結果となった。

 一方、2010年の大規模オフィス供給量は85万平方メートルで、2008年から3年連続で過去平均(103万平方メートル)を下回る水準になると見ている。

 調査は1986年以降に竣工した事務所延床面積1万平方メートル以上のオフィスビルを対象に2009年末時点での需給動向について分析した。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら