• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2009年11月2日

大幅な増収増益、通期業績は下方修正 三井不動産・中間期

三井不動産の10年3月期中間決算(連結)は、分譲事業の増収増益が全体を底上げした格好となり、売上高6,657億800万円(前年同期比8.3%増)、経常利益729億4,100万円(同22.0%増)、純利益428億9,800万円(同33.8%増)だった。

 分譲事業の売り上げは、1,928億5,900万円で687億5,800万円の大幅増収、営業利益も253億8,600万円増の358億4,500万円だった。マンションで2,485戸・戸建て住宅317棟の引き渡しが完了している。

 全体的には好調な中間期だったが、下期に向けては厳しい見方を立てている。ビル事業で空室回復に時間を要していること、またマンション事業も地方エリアでの苦戦から5,400戸を予定していた計上戸数を4,900戸に見直したほか、低価法による評価損を計上。更に、投資家向け分譲でも新たな損失を織り込んだ。

 これらを踏まえ、通期業績については期初予想を下方修正。売上高は予想を100億円下回る1兆4,100億円(前期比0.6%減)、経常利益は320億円下回る930億円(同36.3%減)、純利益は170億円減の500億円(同40.2%減)とした。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら