• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2009年10月14日

首都圏土地取引が拡大、前年比5割の増加 東日本レインズ

財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)はこのほど、9月のマーケットウォッチを発表した。

 それによると、9月の首都圏土地(100平方メートルから200平方メートル)の成約件数は453件(前年同月比48.5%増加)で、10カ月連続の増加となった。成約平米単価は20.91万円(同1.7%上昇)。

 首都圏中古マンション成約件数は2,680件(同6.9%増加)で、7カ月連続の増加。首都圏のすべての地域で上昇し、埼玉県では2割近い増加となった。成約平均価格は2,469万円(同4.9%下落)。

 首都圏中古戸建住宅の成約件数は909件(同9.8%増加)で、6カ月連続の増加。成約平均価格は2,981万円(同3.8%下落)で3カ月ぶりに3,000万円を下回った。

 首都圏新築戸建住宅の成約件数は283件(同13.2%減少)で、3カ月連続の減少。成約平均価格は3,448万円(同11.3%下落)。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら