• 不動産投資プレムアム
  • 非公開物件とは?
  • 不動産投資プレミアムのご利用方法
  • 会社概要
  • 取引実績

News

News

2009年10月8日

アジアの不動産投資額、前期比41%増加に CBRE

シービー・リチャードエリス(CBRE)は10月7日、アジア主要都市の不動産マーケットについてのレポート「アジアインベストメントマーケットビュー09年上半期」を発行した。

 それによると、アジアの不動産投資市場は、09年の滑り出しは不調だったが、第2四半期中に回復を見せ、不動産への直接の投資額は前期比41%増加となった。

 アジアにおける直接不動産投資は、日本が全体の投資額に対して44%を占め、続いて中国が18%、香港が15%を占めた。

 日本の不動産投資市場の見通しとしては、「ハイテク産業への需要や自動車の輸出量が落ち込む中、回復の速度は比較的ゆっくりとしたものになる」としている。

What's new 一覧

ニュース一覧はこちら